ピアピア動画と、小さな奇跡

南極点のピアピア動画読みました

南極点のピアピア動画(野尻抱介著を読みました。久々にSF小説を読んだのですが、面白かったです。話の主軸は、宇宙や宇宙人との出会いと、インターネットへの信頼なのだろうと思いました。
この小説を読んで感じた二つのことについて書いてみたいと思います。

小さな奇跡

この小説に出てくるピアピア動画は、不思議な場所です。ユーザーは思い思いの動画を投稿し、それを見たユーザーは、動画上にコメントをつける形でコミュニケーションを取って行きます。
面白いことに、ピアピア動画では、創作の連鎖が生まれます。ある人が曲を書いたら、別に人がそれに静止画をつけ、また別の人がPVをつくり、さらに別の人が、その曲を踊ったり演奏したりする。そのようなことが日常的に行われる場、それがピアピア動画です。

このピアピア動画は、実在の動画共有サイトニコニコ動画をモデルにしていますが、ニコニコ動画でも同じような「創作の連鎖」がおきています。
たとえば、恐山ル・ヴォアールが良い例でしょう。恐山ル・ヴォアールは、ある漫画の劇中詩に影響を受けた素人のユーザーが、初音ミクを使ってその劇中詩に曲を付け、ニコニコ動画に投稿しました。その曲が、原作者の目に止まり、その漫画のアニメでキャラを演じていた声優によってカバーされました。
詳しくは、ニコニコ大百科の項目を参照。
そして、これにPVを付ける人やさらに歌ってみる人が現れました。この様な創作の連鎖が生まれることを、野尻氏はある場で、「小さな奇跡」と呼びました。

smile.jpg

そして、この小説「南極点のピアピア動画」でも小さな奇跡が、大きなテーマとして取り上げられています。主人公が、こういうものを作りたいと動画をアップする。それに曲やPVを付け場を盛り上げるもの、要素技術の検証をする者、実際に素材作成に協力するもの、ピアピア動画を媒介に小さな創作や協力の輪が徐々に広がって行きます。やがてそれは人の心をひとつにし、プロジェクトになって行きます。これは創作の連鎖でもあり、善意の連鎖でもあります。
この小説では4つの短編からできていますが、その全てでこの様な「創作や善意の連鎖」が大きな役割を果たします。
この小説の書評をいくつか読みました。この小説は楽観的な小説だと言う書評がありました。私も明るい小説だと感じました。そしてこの明るさは、テクノロジーに対する信任と言うよりはむしろ、この様な小さな創作の連鎖を引き起こす人間への信任から来るのだろうと感じました。多くのSF小説は、科学技術に対する信任がテーマになります、しかし、この小説は、インターネットやピアピア動画を媒介に人間同士がゆるい創作や善意の連鎖で繋がることがテーマになっています。

希望の依り代としての小隈レイ

また、この小説では、ヴァーチャルボーカロイド小隈レイが大きな役割を果たしました。巨大なツインテールの女の子です。モデルは、ボーカロイド初音ミクです。ピアピア動画ユーザー(特にその技術部隊たるピアピア技術部)のプロジェクトは小隈レイを旗印に進みました。宇宙船や潜水艦や果ては、xxx(ネタばれ)まで小隈レイが描かれました。
なぜ小隈レイがそのような役に選ばれたか分かりません、でも彼女が果たした役割は明らかです。それは彼女が人々の希望を繋ぐ依り代になったと言うことです。

希望とはなんでしょうか?それは(現在はそうでもなくても)、未来にはとてつもないものになっているかもと言う予感です。
小隈レイのモデルになったボーカロイド初音ミクは、人間の声を用いたシンセサイザーなので、発売当初お世辞にも上手く歌えませんでした。それがあれよあれよと言う間に上手に使う人が現れ、現在ではヒットチャートに何曲もランクインし、コンサートのチケットが売り切れるほど人気の歌姫になりました。私たちが感じたのは、このボーかロイドは、その名前(未来)のとおりに、とてつもないものになると言う予感でした。
そして、ピアピア動画(あるいはニコニコ動画)のユーザーがこの進化を目のあたりにしたからこそ、彼女は、多くの人の希望を束ねる希望の依り代になったのです。人によってはその機能は将に、アイドル(偶像)と呼ぶのかも知れません。

先生の久々の大仕事

解説によると野尻さんは大変寡作だそうです。私も、パンツ飛ばすおじさんと言うイメージしかありませんでした。

しかし、読者に希望を配ることが、作家のお仕事であるならば、南極点のピアピア動画は、将にそのような大仕事だろうと思います。ニコニコ動画にも、南極点のピアピア動画を元に、いくつかの動画が投稿され始めていて、創作や善意の連鎖が始まろうとしています。


添付ファイル: filesmile.jpg 1674件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (991d)