書評

書名動きはじめた人工生命一章自然の生命、人工の生命
副題生命へ回帰するコンピュータのゆくえ二章人工生命の哲学と倫理
著者佐倉統三章結晶と生命のはざまから
出版社同文書院四章利己的遺伝子の彼方へ
五章生命・文化・コンピュータ
六章生命体としての社会
七章自動人情の末裔たち
八章理解の拡張−人工生命は科学を再構築する

人工生命と聞いて思い浮かべる言葉なんだろうか?本書は人工生命とその思考の基礎となる複雑系や創発についてわかりやすく述べている。初心者の人に分かり易いように人形という身近なモノを取り上げる場面がかなりある。人工生命とそれを取り巻く思想はあらゆる種類の二項対立を無化できる力を持つ物である。進化論そのものに興味がある方にお薦めの一冊である。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (933d)